法務セミナーがなければ、企業はお手上げになってしまう!?

法務の求人秘密解明

法務の求人秘密解明のmainimage

法務に未熟ということは法律を知らない、手続きを知らないといのと同じです。それ故に企業の法務担当者などを対象とした法務セミナーの需要が急増しています。

法務セミナーがなければ、企業はお手上げになってしまう!?

法務セミナーとは市場調査や法務に関する研究機関・シンクタンク、弁護士事務所(法律事務所)、またはビジネスロースクールなどが主催して行われているもので、セミナーの参加者は、企業やその他の団体組織で法務担当の業務に就いている人たちです。

事業運営を行うに当たっては、たとえば商品1つを売り出すにしても、事業1つを展開するにしても、法律に則ったやり方をしなければ、後に莫大な損害を被ったり、あるいは逆に訴えられたりするハメにも陥れます。

知らないうちに法を冒しているケースが急増していることも昨今のビジネス界の特徴です。

法務に未熟ということは、法律を知らないことであり、法的な手続きを知らないことと同じなのです。

国際化しボーダレス化し、さらに企業の多国籍化がすすむ今日にあっては、法務そのものが複雑化・煩雑化しています。

事業規模や企業規模の大小を問わず、企業内や団体組織には法務の部署を置き担当者を配するのが最低条件と言っても良いほどのビジネス環境にあります。

そこで注目を集め、需要が高まっているのが法務セミナーです。

一朝一夕に法務の知識や実務を経験したり積んだりすることができない担当者は、たとえ弁護士や司法書士など、法務専門家の補佐的役割であっても、法務に関する深い知識・見識、素養をもちあわせていることが求められます。

法務セミナーは、こうした人たちを対象に全国各地で開催されています。

法務セミナーの開催テーマを一例としてご紹介すると、契約実務・契約法、株主総会、企業法務全般、コンプライアンス、不祥事対応、会社法全般、取締役・取締役会、独占禁止法、訴訟対応などがあります。

しかしこれらは膨大無限な法務の世界からするとごく一部であり、この他にも債権管理・回収、企業会計、印紙税、民事法・債権法改正、情報管理・セキュリティ、労働法、議事録・登記、株式・社債、知的財産、内部統制、企業再編、M&A(買収・合併)、電子商取引、サイバーテロ対策、ビジネス契約、国際契約と国際法、英文契約書作成などとつづきます。

たとえばある法務セミナーでは、「実学・独占禁止法〈全3講座〉」と題して、公取委の実務を踏まえたうえで、“独占禁止法の構造と企業対応をどのように理解し準備しておくべきか、法違反とリスク回避のポイントをつかむ”といった法務セミナーを開催しています。

開催時間の設定には主催者によっていろいろありますが、昼~夕方にかけて開催されるのが一般的で、1回当たりの開催時間は3~4時間となっています。

他の一般的なセミナーにくらべると長時間になりますが、法務という性格上、アウトラインだけを学習するものではなく、セミナー当たりの内容が深く細かく、専門的・実務的であるため、最低でもこの程度の時間を要します。

Copyright (C) 法務の求人秘密解明(www.centralvietnamtravel.com) All Rights Reserved.